読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毛髪PhD

毛髪に関係することをつらつらと。

異性との会話も楽しめる!詳しく知れば、その悩みを忘れてしまうかも。 | これ以上薄毛になりたくないあなたに送る3つの解決法

f:id:nocomacha:20170106224139j:plain

どうも、はじめまして。出家と申します。

このブログは毛髪、特に薄毛や抜け毛に関することを少しずつですが書いていこうと思います。

ちなみにハンドルネームが出家だからといってツルツルではありません(笑)

 

早速ですが。

 

薄毛の悩みを解決する方法は3種類あります。

 

・毎日鏡を見ることが苦痛でしかない。

・人前には帽子がなければ出る気になれない。

・会話している人の目線がいちいち気になる。

・最近仲のいい友人や家族から「ヤバくない?」と言われる。

・シャンプーが終わったらため息しか出ない。

・もうすぐ合コンがあってすごく行きたいのに、薄毛が気になって行けない。

 

という人まで。

 

薄毛に困っている、悩んでいる人は本当に、本当にたくさんいます。

2回言いましたよ。重要ですよ。自分だけじゃないんですよ。

男性だけじゃなくて、女性だってたくさん悩んでいるんですよ。

全世界に同じ悩みをもつ仲間がたくさんいます。

 

僕もその1人です。

真性のハゲの人(失礼)からすれば「まだ生えてはいる方だ!」と怒られてしまいそうですが、気になるものはしょうがない。

髪は生えていても細いから遠くから見たら生えてないように見えたりもするんです。

そういう悩みだってあるんですってば。

「遠目から見たらハゲかと思った」って言われたことありますから。。。

毛髪の量が多い、少ないに関わらず、薄毛や抜け毛で悩んでるんだったらみんなで髪を

生やして(増やして)ハッピーになろうぜ!って思うのは僕だけでしょうか。

 

 

話を戻しますが・・・。

世の中には薄毛を解消する方法があります。

基本的なことなんですが、その種類は3種類あります。

 

1.発毛 (生える)

2.育毛 (育てる)

3.植毛 (増やす)

 

この3種類です。

 

さらに「自然に生えてくるタイプ」と「人工的に増やすタイプ」に分けることができるんじゃないかと。

植毛以外は一緒だと思っている人が多いのですが、実はちょこっと違うんです。

今回は「発毛」の説明をしていきましょう。

 

 

 

◆発毛とは

 

凄くざっくり言うと「毛が生えていないところに、新しく毛が生えてくる」ということです。

ざっくりな上に、「そんなこと言われなくてもわかっとるわい!」とどっかから怒号が飛んできそうですが、まぁまぁ怒らずにちょっと話を聞いてください。

 

育毛や植毛・増毛は生えている毛に対してのアプローチですが、発毛はその名の通り「毛が生えてくる」ことを指します。

 

「もう長いこと髪の毛が生えてこないから、これから先も生えてくることはないな・・・」と思っている人は少なくないはずです。

もしかして、「髪が生えてこないから、すでに毛根が死んでいる」と思ったりしてませんか?

 

僕だって髪がもともと生えていた部分から、抜けたあとに生えてこなくなったら確実にそう考えると思います。

というか、そう考えてました。

でも、必ずしもそうじゃないんです。

 

どういうことか説明します。

一見死んだように思えているあなたの毛根は、本当に死んでいるのではなく、「眠っている(仮死)」状態である可能性が大きいからです

頑張って毛根周辺の細胞を全て活性化させてやれば、一部の例外は除きますが再び髪は生えてきます

 

 ですから、「抜けた毛は二度と生えてこない」ということはないんです。

 

ただし、細胞の活性化など身体や頭皮にいいことをしてあげても、発毛までには個人差があります。

数か月で毛が生えていなかった頭皮に新しい毛が生えてくる人もいますし、何年か先にやっとちらほら・・・という人もいます。

こればっかりは個人差だからどうしようもできません。

 

1週間後に合コンがあったとして・・・今まで異性と付き合ったことがない。

手を繋いだことすらない。今回は気合い入れて行くぞ!!

となっても1週間で髪を生やすのはさすがに無理ですよね。

 だから「そんなに気長に待てないよ」という人の為に、短時間・短期間で髪の毛が増える植毛や増毛といった施術があるんですね。

 

もちろん毛が生えてくるのが1番いいとは思います。

でも、植毛や増毛によってコンプレックスが解消され、異性や友達と気兼ねなく楽しめるんだったらそれでもいいんじゃないかと僕は思います。 

 何も気にせずに思いっきり楽しいことをするのって気持ちいいですもんね。

 

 

やはり身体にいいのは「自然な発毛」

 

とは言ってみても、やっぱり身体にいいのは「自然な発毛」になります。

人工の髪と、自分の頭皮から生えてきた髪、どちらが好きになれますか?ということです。

 

もちろん、さっき書いた通り一時的な処置方法としては植毛や増毛はいいと思います。

でも、どうせなら自分の髪を生やして、増やして、風になびいた髪をかきあげながら街を歩きたいですよね!

今よりも毛量を増やして今まで毛の生え際をガン見してきた人たちに「少し前まで薄毛でしたが何か?」とか言いたいですよね。 

少なくとも僕は言いたいです。

 

ちょっと話が逸れますが、髪の最盛期は「男性20歳、女性25歳」なんです。

だから、この記事を読んでいるあなたが例えば30代で薄毛に悩んでいたとしても、別にそれは何もおかしくはないんです。

男性なら20歳、女性なら25歳から髪の毛は減っていくものですから。

 

「でも実際自分は薄毛に悩んでいる、どうすれば髪が生えてくるのか、増えるのか分からない」もしくは「色々と自分で調べて試してきたけど、結果が出たことがない」という人がほとんどだと思います。

 

そんな時は「発毛」をうたっているクリニックなどに相談しにいくことをオススメします。

 

「結局は専門機関頼りか」と思うかもしれませんが、素人でもある程度調べれば髪の毛に関する情報は手に入ります。

でも、よっぽど本気で時間と労力をかけたりしない限り、個人で調べたり自分の頭皮状態とかを検査するには限界がありますよね。

特に自分の頭皮の状態を知るのが難しい。

自分で顕微鏡を頭皮にあててみても、それを見ることはできませんし、個人レベルでファイバースコープを持っている人なんてそうそういるもんじゃありません。

 

そしてそして、かなり重要なことをさらっと言っちゃいますが、発毛・育毛は若いうちから始めるに越したことはありません

悩んで何もしないよりも、行動して何かしらの成果があったほうが、単純に嬉しいですよね。

何もしなければ、今の状態で髪が新しく生えてくるなんてことはまずないと思います。

気持ちよく、胸を張って街を歩ける。ちゃんとやることをやれば、それは遠くない未来の話かもしれませんよ。

 

これから少しずつですが、髪の毛や頭皮、また髪の毛の健康の話なども書いていきます。

 

ではでは、またまた!

 

 

正しいシャンプーの方法、知ってますか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

nocomacha.hatenadiary.jp