読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毛髪PhD

毛髪に関係することをつらつらと。

サロンでもなかなか教えてくれない正しいシャンプーの5つの方法 | 男性も女性も抜け毛予防!

f:id:nocomacha:20170108152456j:plain

 

どうも出家です。

 

休日の昼下がりにコーヒー片手にコレ書いてますが、寒くて震えてます。

別に誰かに会いたすぎて震えてるわけじゃありません。

 

まぁ「果たして会いたくなったら本当に震えるのか?」ということはどうでもいいか。

 

さて。

あなたはシャンプーした時、排水溝に絡まる抜け毛の多さに自分でビックリしたことありませんか?

ちなみに僕はしょっちゅうです。というか、ほぼ毎日です。

「え?マジか・・・」と。

「この調子で抜けていったら数か月後には枯草1本も生えていない荒地になってしまうんじゃないか」と。

毎日「森の中でバギクロス唱えたみたいな状況」になってしまう恐怖にかられながら生活するのってとんでもなく嫌ですよね。

 

「ちゃんと毎日シャンプーしてるはずなのに、どうしてこんなに抜けるんだ!」って誰かのせいにしたくなるのもわかります。

でも、あなたが普段しているシャンプーの方法、もしかしたら間違ってるかもしれないです。

言い方を変えれば「正しいシャンプーの方法」説明できますか?

 

正しいシャンプーの方法を学んで、今日から抜け毛を1本でも2本でも減らしましょう!

 

 

◆正しいシャンプーの方法

 

1.まずは少し熱めのお湯で頭皮表面の皮脂や汚れを丁寧に洗い流す

 

 

なぜかというと、皮脂って結局は脂のことですよね。

脂はお湯で溶けるため、少し熱めの温度じゃないと皮脂が頭皮に残ってしまうんです。

 

でも、お湯の体感温度には個人差がありますし、いきなり熱い温度のお湯をかけてしまうと、「熱いお湯を我慢する」というストレスになってしまい、それが原因で抜け毛が増えてしまう可能性があります。(注1)

それを防ぐために、まずはいつものお湯の温度で流してみて、それから少しだけ温度をあげる方法がいいと思いますよ。

 

 

2.髪の毛、または泡立てネットを使ってシャンプー液をしっかり泡立てる

 

シャンプーの原液を泡立てずに、いきなり頭皮につけてしまうと頭皮がダメージを受けてしまうので注意してください。

少し面倒ですけど、泡立てネットを使うとキメ細やかな泡を作ることができるのでオススメです。

手のひらだけだと、なかなか泡立ってくれないですからね。

使用するシャンプーの成分ですが、植物性の成分のシャンプーがオススメです。

間違っても刺激が強いトニックシャンプーなどは使用しないでください。

 

おすすめのシャンプーはこちら→無添加頭皮シャンプー・マイナチュレ

リンク見てもらえたら分かるとおり、女性用ってなってます。

でも、僕はアトピーもちの敏感肌で男性用のシャンプーとかは全然合わないんです。

すぐに肌が荒れてしまいます。

だから肌に合えば女性用だろうと気にしません。

肌にいいものは、頭皮にもいいです。 

 

3.おでこの生え際から襟足までを5等分する。(だいたいでOK)


ちょっとわかりにくいので実際に自分の手を使ってイメージしながら読んで下さいね。

間違っても公共の場でやっちゃダメですよ?

「あいつ、マジやべぇ」って確実に変なレッテル貼られることになりますから。

それが気持ちいいドMな方はご自由に快楽の世界へどうぞ。

 

また脱線した。

さて、洗い方ですが、耳の上から洗い始めて、両手を前後に動かしながら、頭頂部までゆっくり移動します。

耳の上から頭頂部まで上に向かって移動していく感じです。

 

そして頭頂部まで移動したら、洗いながら3秒ゆっくり数えます。

3秒数えたら、右の耳の上までゆっくり移動し、また洗いながら3秒数えます。

そして、今度は左の耳の上までゆっくり移動し、洗いながら3秒。

 

それを繰り返し、おでこの生え際から先ほど5等分したぐらいの間隔で後ろにずらしていきます。

最後の5等分目で襟足までをカバーできればOKです。

 

やっぱりわかりにくいですね(笑)

耳上スタート → 頭頂部 → 右の耳上 → 頭頂部を経由し、左の耳上

というふうに移動していきます。

この時、「頭皮というぬりえを塗りつぶしていく」という感覚で指の腹の部分を使ってしっかり、ゆっくり洗うことを意識してください。

もちろん爪や指先でガシガシ洗うのはNGです。

 

ちなみに実践してみればわかると思いますが、3等分目ぐらいから手が異様に疲れてきます。

どうしても洗い方が雑になってしまうので、意識してゆっくりしっかり洗うようにしてくださいね。

 

途中で泡がなくなってくる場合もありますが、その時は泡立てネットで作った泡を足しながら地肌に泡が残るようにしてください。

 

 

4.すすぐ 

 

あまりゴシゴシ洗わず、地肌に付いた泡をきちんと流すことを意識しながら丁寧に洗い流してください。

髪の間から地肌にお湯が入りこむように、頭皮と手のひらを使ってお湯を溜めるようにして流していくと効果的です。

 

 

5.コンディショナーやリンスを付ける場合

 

地肌専用のコンディショナーでない場合は、地肌に液が付かないよう、毛先だけに付けて丁寧に洗い流してください。

勘違いしている人もいますが、コンディショナーやリンスは髪への効果であって、地肌への効果じゃないですからね。

 

 

以上が正しいシャンプーの方法になります。

 

僕が実践した時は頭皮に「今までになかった爽快感」を感じました。

トニックシャンプーを使っていないのに、やけに頭皮がスーっとするんです。

めちゃくちゃ気持ちいいですよ。

それだけ普段のシャンプーのやり方では落ちていなかった皮脂や汚れがあったんでしょうね。

それ以来、「頭皮がスーっとしたら、正しいシャンプー成功!」と思うようになりました(笑)

 

補足的なことになりますが、「どれぐらいの力加減で洗えばいいのか?」っていう疑問が出てくると思います。

正解の圧は個人差がありますので、これぐらい!って答えることはできませんけど、洗っていて自分が気持ちいいと思う強さでいいと思います。

弱すぎても皮脂や汚れが残ることになりますし、強すぎても頭皮を傷つけてしまいますから注意してくださいね。

 

頭皮を大事にしようとしているのに、逆に頭皮を傷つけてしまったらシャレになりませんから。

 

 

抜け毛で悩んでいるなら、できるだけ早く解決・緩和しましょう。

あとで「あのとき躊躇せずに勇気を出して1歩踏み出せばよかった」と思う前に。

 

毎日の少しの意識で抜け毛の悩みから解放されれば、嬉しいですよね。
気になっているなら、早め早めの行動をオススメします。

将来の自分のために。

 

今季は暖冬な気はしますが、風邪ひかないようにしてくださいね!

ではではまたまた!

 

 

(注1)過去に脱毛の7大原因という記事を書きましたので、参考にしてください。

nocomacha.hatenadiary.jp